現役海外保育士が思う海外(カナダ)で保育士として働く7つのメリット

Tomoka

Tomoka
皆さんこんにちは。カナダ在住の日本人保育士Tomoka
(@TomokainCanada)です。

 

私は日本で保育士としての就労経験はなく、未経験のままカナダで保育士になりました。

ですから、保育士未経験の私が日本の現場の状況と比較して、カナダで保育士として働くメリットをお伝えすることは難しいです。しかし本日は、私がカナダで保育士として働いてみて、「これはメリットだな」と思うことについてお話ししたいと思います。

 

今日もどうぞ最後までお付き合いくださいませ♡

カナダで保育士として働く7つのメリット

カナダで保育士として働くということは、英語ができないと大変だったりします。

Tomoka

Tomoka
もちろん私も苦労しています…

 

しかし、メリットもいっぱいあるので、海外保育に興味がある方は是非チャレンジしてほしいところ。ですので、カナダで保育士ならではのメリットをお伝えします。

1つ目:残業や持ち帰り仕事がほとんどない

残業や持ち帰り仕事は、ほぼありません。ほぼと言ったのは、子どもたちの保護者が閉園時間前に子どもを迎えに来なかったりして、子どもたちと一緒に待たなければいけなかったりすることがたまにあるからです。

 

しかしその場合、保護者が延滞料金を支払わなければいけないので、ほとんど遅れてきません(笑)。

Tomoka

Tomoka
また、残業時間が一定を超えると通常の1.5倍お給料が発生したりします。

 

サークルタイムで使うパペットやフェルトストーリーなんかを作ったり、免許更新に必要なワークショップの受講はもちろん業務時間外にはなるのですが、保育士としての労働での残業や持ち帰り仕事はほとんどありません。

 

2つ目:お給料について

カナダではお給料は基本時給制。2020年の保育士(ECE)の平均時給は$17~19です。そして、週の労働時間は35~40時間。

Tomoka

Tomoka
労働時間がこの40時間を超えると、残業代が1.5倍になります。

 

また、保育士は祝日は仕事がないのですが、お給料が発生します。

Tomoka

Tomoka
私もこれを知った時は本気で嬉しかったです(歓喜)!!

 

福利厚生に関しては、勤めているデイケアによります。※カナダは保育園をデイケアと言っています。

福利厚生は、歯科や薬の保険のカバー、ワークショップ受講代負担、自身の子どもを預ける時に割引があったりなど様々。

Tomoka

Tomoka
あとは、バケーションペイと言う日本でいう有給休暇もあります。

もし、この有給休暇を全部消化できなかったら、お金で支払ってくれるわけなんです。

 

3つ目:保育士:子どもの割合が日本と比べると圧倒的に良い

カナダBC州の保育士:子どもの割合は以下の通りです。

  • 0~2歳 保育士1人:子ども4人
  • 3~5歳 保育士1人:子ども8人

 

日本の保育士:子どもの割合は以下の通りです。

  • 0歳     保育士1人:子ども3人
  • 1~2歳 保育士1人:子ども6人
  • 3歳    保育士1人:子ども20人
  • 4~5歳 保育士1人:子ども30人

 

日本の配置基準は、0~2歳はカナダの1.5倍の人数で、3~5歳は約2.5~4倍の人数。つまり、日本は保育士さん一人ひとりの負担が大きいということになります。

Tomoka

Tomoka
実習でしか経験がありませんが、大変やった記憶しかない…

 

日本の保育士さんたちが、のびのびと子どもと関われるようになることを心から願っています…。

 

4つ目:人間関係の悩みが少ない

日本人保育士全員が、人間関係の悩みが全くないわけではないと思いますが、私は日本にいた頃に比べると、人間関係に悩まされることが減りました。

Tomoka

Tomoka
というのも、保護者と保育士の関係が対等なんですよ!

 

もちろん、保護者と上手く会話ができず悩むこともたくさんあります。でも、ちゃんと保護者と意思疎通ができた時や、クリスマスにプレゼントや手紙をもらった時は本当に嬉しかったです。

 

5つ目:書類仕事がない

日本の保育所にはあるであろう、日案、週案、指導案はありません。そして、連絡帳もないので、何かあれば保護者に直接伝えるか出席ボードに伝言を書きます。

保育士間でも、1冊のノートを共有し、そこに伝言を書いていきます。

Tomoka

Tomoka
書類系の仕事がほとんどないので、その分目の前の子どもたちに集中できます。

 

6つ目:ピアノを弾く必要がない

私は日本の保育士資格と幼稚園教諭免許状を持っていますが、壊滅的にピアノが弾けません。短大で2年間ピアノは弾いていたんですが、今は本当に弾けません。

Tomoka

Tomoka
昔ピアノを習っていましたが、その時の先生がスパルタ過ぎて嫌いで、全然ピアノの練習しなかったのでずっと怒られていました。

 

先生との相性って、本当に大事ですね…。

 

カナダではデイケアでピアノを弾くことはありません。日系の幼稚園で、ピアノを弾いてサークルタイムをされているのを見たことがありますが、それ以外は一度も見たことがありません。

Tomoka

Tomoka
ギターを弾いてサークルタイムをされている先生は見たことあります。

 

7つ目:多様な環境で価値観が変わる

カナダは移民の国。ここバンクーバーも例に漏れず、多くの人種がミックスして暮らしています。デイケアに通っている子どもたちも、様々なルーツを持っています。

私は日本人、同僚は香港人や香港系カナダ人。子どもたちは、アフリカ人、カナダ人、中国人にブラジル人など。

Tomoka

Tomoka
デイケアの中でもこんなにたくさんの人種が混ざっています。

 

みんなそれぞれ、瞳の色、髪の色や髪質、肌の色、そして言語までもが違います。中には中国語やフランス語を話す子どももいます。英語がわからない子もたまにいます。

Tomoka

Tomoka
子どもたちと、お互い大変やけどがんばろってなります。

 

こんな環境の中で仕事をしますので、違いを認められるようになり、日本で築いた価値観がいい意味で崩れます。子どもたち自身も見た目の違いを自然と受け入れています。

 

まとめ

以上が、カナダで保育士として働く7つのメリットだと私は思います。カナダで保育士として働くことを通して、日本で培った考え方がいい意味でぶっ壊れました。

 

海外留学はもちろんとても貴重な体験ですが、留学の先の現地就職で得られるものは、本当に素晴らしいものです。

Tomoka

Tomoka
本当に色々大変やったけど、がんばってよかった…!!

 

 

保育留学に興味のある人はCOSがおすすめ。私もここの利用者で、現地就職しました。こちらの記事も良かったらあわせて読んでみてくださいね。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)