Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tomoka0111/canadadehoikushi.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

カナダの小学校で障害児の介助員の仕事をされている日本人男性にインタビュー

世界にはたくさんの日本人が活躍しています。私的に世界というのはもちろん日本も含みます。魅力あふれるたくさんの日本人の皆さんとカナダでよく出会うので、せっかくなのでインタビューして行きたいと思います。
彼らに共通することは一つ。夢を夢で終わらせないこと。とにかく決断力や行動力が凄まじいです。それは彼らが特別と言うのではないと思います。あなたも、きっとできます。

今回は、カナダの小学校で障害児の介助員をされている日本人のトミーさんにインタビューしてみました。

トミーさんの経歴

トミーさんは私立高校を1年で退学し、定時制高校を卒業後、日本で一般企業に就職。そこで7年勤められました。その後、ワーキングホリデービザでオーストラリアに行かれました。そこでファームで働き、トータル2年滞在されました。

その後、カナダにワーキングホリデービザで渡り、パン屋で働かれました。そこのパン屋さんで気に入られ、就労ビザのスポンサーになってもらい、就労ビザを経て、永住権を申請されました。永住権取得後に、学校に行きライセンスを取得され、現在の職場で働かれています。カナダには2018年現在で8年住まれています。

海外生活長いですね!!海外生活の中で苦労されたことはないですか?

苦労を苦労と思わないからなぁ(笑)。あっでも、カナダ来た時はお金がなくて月$240のホステルに8か月滞在していました(笑)。とにかく汚くて、絶対戻れないですね。

そこから今の仕事に就くまでの過程が凄い!!今の仕事につこうと思ったのは何で?

家庭教師を趣味で始めて、その生徒さんからたまたま教えてくれました。その生徒さんが小学校の先生で、彼が教育現場の障害児の介助員の仕事について教えてくれて、興味を持ち始めたのが最初です。そこから、自分で学校の情報とかを調べて、資格を取りたいなと思いました。その頃まだパン屋さんで働いていたので、そこから2年くらいはまだパン屋で働いていたのですが、そのパン屋さんが潰れてしまったので、そこから学校に行きました。

その学校には11か月通いました。9か月は座学で2か月は実習でした。実習先は小学校と高校でそれぞれ1か月行きました。実習はとても楽しくて子どもたちのウェルカム感が半端なかったです(笑)。

あともう一つ理由があって、こちらで第2の人生を歩む機会をもらえたっていう感覚だったので、どうせならこの国に恩返しができる仕事、人の役に立つ仕事がしたいと思い、
この仕事を選びました。

素晴らしい理由で今の仕事に就かれたトミーさん。私も日本で小学校教師として働いていた経験があったので、更に興味津々!この仕事について詳しく聞いてみました。

小学校での障害児の介助員の仕事について

卒業後、今の仕事にはどうやって就かれたんですか?

卒業後すぐに就職することがとにかく自信がなかったので、3か月間月曜日から金曜日の9時から~3時までフルタイムでボランティアをしていました。
その3か月のボランティア期間で出会った校長先生が、僕の働きっぷりを見て、教育委員会に電話してくれました。僕のことを「いい人がいるよ。」って。そして、その校長先生がカナダではとても重要なリファレンスレター(推薦状)を書いてくれました。
しかし、ボランティアに熱中しすぎて(笑)、就職活動の準備が満足にできず、最初の面接には落ちましたね(汗)。なので、その後日本で言う職業安定所に3週間毎日通い詰めて、面接と履歴書をしっかりと学び、次の面接に取り組みました。

なんやかんや言って苦労していますね(笑)。そして、その後はどうなりましたか?

その3週間の就職内定の為の職業訓練のお陰で、今の職場の面接では即採用となりました。その面接ではとても好感触だったので、面接終了3時間後に採用の連絡が来ました!!そして、今もその職場で働いています。

具体的な仕事内容を教えて!

障害を持った子どもが通常学級で他の子どもたちと一緒に学べるように手助けしています。授業で使うプリントを障害を持った子どもの隣に座って一緒に解いたり、食べ物を口から摂取できない子には身体につけているチューブから栄養剤を注入したりしています。あとは、クラスの子どもたちと障害を持った子どもたちが上手くコミュニケーションが取れるように子ども間の架け橋的存在になっています。

私は日本で小学校教諭だったんですけど、子ども間の架け橋的存在になるのって難しかったんだけど、それについてはどうしているの!?

こちらでは日本とだいぶ考え方が違うと思います。こちらではみんな生まれた時からみんな違いますよね。肌の色、髪の色、目の色と見た目も全然違うし、文化も全然違うから、昔から「人を差別しない」っていう教育が当り前。だから、障害を持っている子どもたちって逆にクラスでの人気者であることが多いんです。
障害を持っている子どもたちに対してユニークという考え方なので、とても人気があります。だから、日本と考え方が全然違うと思います。

障害を持っていると医師の診断がもらえると国から補助が出て、それで僕たち介助員が彼らの補助ができます。医療費や生活費の補助ももらえるので、
障害を持った子どもたちの家族はとても助かっていると思います。障害に対しての考え方が国レベルで違うので、みんな受け入れられるんだと思います。

日本と全然違う!!こちらの環境ってとても魅力的ですね!!
日本人なら誰でも苦労するであろう英語。どうやって英語を学ばれたのかも聞きました。

英語について

そのような英語環境で働いていらっしゃるトミーさんですが、英語は元々得意でしたか?

がんばったよー(笑)。人一倍できなかったから、人一倍がんばりました。まず、携帯とパソコンは英語にしました。そして、メモ書きする時も全部英語にしました。

僕は英語は上手い下手はないと思っていて、とにかく心だと思って人とコミュニケーションを取るようにしていました。みんな気にしすぎだと思います。日本語って、英語に比べてはるかに難しいと思うんです。難しい日本語を流暢に操れる自分自身にもう少し自信を持って、どんどんコミュニケーションを取っていったらいいと思います。そういう風にコミュニケーションを取っていくようにして、どんどん現地の人たちに積極的にコミュニケーションを取るようにしました。

ありがとうございました!最後に夢を叶える秘訣みたいなアドバイスはある?

目標をしっかり持って、とにかくがんばる!!目標を達成する具体的な時期や数値を明確にするのがいいと思います。

英語は、英語を勉強するというより英語で何かを勉強しなさい!それを僕は母に言われました。その言葉にハッとして、目標を英語を勉強することでなく、英語で何かを勉強することに決めました。それが今の仕事に繋がり、今の仕事が大好きなので毎日幸せです。そんな日々を送れる人が増えてくれるといいなと思います。

 

バンクーバーには、自分の仕事が好きな人たちがとても多い気がします。それは、皆さんしっかり目標を持ってがんばってきたからだと思います。
これからもそんな目標に向かってがんばる人を私も目指していきたいと思います。

 

その他のオススメインタビュー記事

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)