30歳超えワーホリビザが使えない女がカナダで保育士になれたワケ

こんにちは。今日もブログを読みに来てくださりありがとうございます。
カナダで保育士奮闘中のTomokaです。

私は2016年3月31日付で、8年間も勤めてきた小学校教師を辞めました。

大学時代は小学校教師を志し、大学卒業後に必死で勉強して教員採用試験に無事合格。
そして、念願だった小学校教師になりました。

願望達成の原則

教師になったのは2008年4月。時は過ぎて2014年。ふと「辞めて海外に行こう」と思ったんです。その時の私は31歳。既にワーキングホリデービザは使えません。

だけど、2018年の今、カナダの永住権はまだ取れていませんが、私は今、カナダ・バンクーバーにて、保育士として働いています。英語がめちゃくちゃできる!というわけでもないにも関わらず。

私がここまで目標達成できているのは、確実に「決断力」と「行動力」のみです。

  • 根拠もないのに「私はできる!」という意味不明な自信(BE:在り方)
  • とにかくやるしかない!といった破天荒な行動力(DO:行動)

ワークビザを取得して保育士として働く(HAVE:結果)

になったわけです。スピリチュアルやら潜在意識、引き寄せの法則に詳しい方ならご存知だと思いますが、これがBE・DO・HAVEの法則ですね。

BE(在り方)+DO(行動)=HAVE(結果)になります。

この「BE・DO・HAVEの法則」は、ハワイ在住の篠塚澄子さんという

スピリチュアリストでもあり作家でもある方が著書の中で紹介している

幸せな現実を引き寄せる絶対法則です。

「BE=あり方→DO=行動→HAVE=結果の順番で、すべての現実が創られていく」

という法則です。

つまり、私が自分の力できちんと就職できたのは、私に特別な能力があったわけではありません。色々考えましたが、このBE・DO・HAVEの法則によってかなって思っています。

私がカナダで保育士になれたのも、現在奇跡的に英語環境のデイケアで働けているのも、英語が優れているから!というわけでは決してありません。実際に何件も英語ができないからという理由で断られました。

これでも日本にいた頃は毎日オンライン英会話で勉強していましたし、語学学校のクラスのレベルも高かったんです。でも、現実はもっともっと英語ができなければいけませんでした…。本当に自分の英語に自信がないので、私は今も勉強中です。

自分のやりたいことを諦める必要はない!

生きていたら、やっぱり不安になります。私も不安いっぱいだったりします。

英語ができないから。
経験がないから。
30歳超えているから。
ワーキングホリデービザが使えないから。
お金がないから。
自信がないから。
知っている人がいないから。
周りが反対するから。
失敗するのが怖いから。

そう思ってしまう。自分で諦める理由をいっぱい作って、
「だから仕方ないよね」って思ってしまいます。

だけど、これら全部諦める理由にはなりません。諦める必要がないからです。

私の場合は、周りの反対はありませんでした。けれど、両親とめちゃくちゃ話をしました。両親は最初は賛成派ではありませんでした。でも、しっかり話してちゃんと理解してくれて、今は凄く応援してくれます。

強気発言めっちゃしていますが、心の中ではブルブルガクガクしまくりです。

だけど、やりたいこと挑戦したいことやらないで、そのまま歳をとって、死ぬ時に、

「あの時やっていたら良かった…」って思ってしまったら、

後悔、残りませんか?

私は、それがすごく怖かったです。だから、自分の心に嘘をつけず、行動に移しました。

だから、諦めないで!人生の主人公は自分だから。

 

経験や語学力がなくてもカナダで保育士はできるの!?

私の場合、小学校教師の経験はあっても、保育士の経験はほぼ皆無でした。
大学時代にボランティアや実習に行った程度。

更には英語も超微妙だと自分では思っています。

そんな人でも現地で就職は可能なのか!?

 

結論から言いますと、「できます」!!
私以外の未経験の英語がネイティブでない日本人も何人も保育士として働いています。
資格と働けるビザさえあれば!!!!!

資格と働けるビザについてはまた別の記事で書きますが、
こちらさえクリアしていれば、後は自分のマインド次第かなと思います。

だけど、はっきり言ってダメダメ教師だった私でもできました。
本当に日本では低評価やダメ出しの嵐でした。教師に向いていないのではないか。辞めた方がいいのではないか。そんなことを何度も何度も考えました。

だけど、今保育士をしています。カナダの完全英語環境のデイケアで。

経験はあった方がいいのは間違いないです。だけど、私がダメながらも8年間の教師生活で培ってきたスキルがあるように、あなたも、あなたがずっと培ってきた「何か」があるはずです。その「何か」は、あなたが今までの人生で培ってきた大事なスキルなはずです。

どうか、諦める言い訳を探したりなんかせず、どんどんチャレンジしていってください。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)